2015年11月29日日曜日

あっちのBIG、こっちのBIG

「BIG KING 4.0」

「こっちの”BIG”は大きいだけじゃない」という
挑発的なキャンペーンを11/6から始めたBURGER KING

なんと「あっちのBIG」のレシート or 商品を持っていくと割引が受けられます。(゚∀゚)

この「あっちのBIG」はどことは名言されていないので、
BIG◯◯であれば何でも良いと捉えた人達のおもしろ大喜利がSNS上で繰り広げられました。
見かけたものとしては、ビックカツ、ビックサンダー、ビックリマンチョコ、
ビックカメラのポイントカード、ビックエコーのレシート、アラビックヤマト、
ビックな夢を語る、ビックマック(!)、etc...

自分もさっそくビッグサンダー片手に食べて来ました。

BIG KING4.0の感想ですが、炭火焼きパティがジューシーで美味しかったです(*´∀`*)
バンズは「ほぼ同じ」と書いてましたがビックマックに比べもっちりしてました。
ソースも「ほぼ同じ」表記ですが、これは全然違いますね、パティを邪魔しない感じで好みです。
(ビックマックソースも好きですよ、あれだけ売って欲しいぐらいです)

今回印象に残ったのはBURGER KINGのソーシャルメディアの使い方の上手さですね。
身も蓋もない事を言ってしまうと、ただの 「期間限定120円引」 ですよ。
それを挑発的な広告で注目を集めておいて、突っ込みどころを残しつつSNSで拡散させる。

小さな会社が大企業を煽って注目を集めるのは定石ですが、
あまり調子に乗ると小者感が出てしまうところ、それを感じさせない絶妙な感じです。
少し前に 「マックワッパーやりましょう!」 と言ったときも良い煽り具合でした。

まあBURGER KINGが上手いというよりは、マクドナルドの対応が下手なのですが…
マクドナルドとしては大人の対応をしているつもりなのでしょうけど、
外から見ると「なんだかつまらない会社だな」というイメージを消費者に持たれているのですよね
前回も、今回も、(今回はリアクションしてないけど)

別に相手の提案に乗るか乗らないかはどうでもいいのですが、
こういう時に気の利いた返しの1つや2つ出来ないとつらいなぁと思ってしまいます。

どうもマクドナルドは前からSNSの使い方が上手くないなと感じていて、
こういうネタを投下したら、こんな感じに広がっていくという戦略がない気がするのです。

新商品試食会イベントでもハッシュタグ付けて投稿してね〜
と言うだけで、それだと「おいしい!」みたいな行儀の良い投稿だけで
後からタイムラインを見ても凄く嘘っぽい。
(みんな本音じゃなくて建前で投稿してるなって感じ)
その投稿が売上に貢献している気が全くしないという…

マクドナルドには何か新しい展開が欲しいですね。
フレッシュネスのクラウンハウス、モスバーガーのモスクラシック
日本初上陸のシェイクシャックなど
最近のハンバーガーチェーンの流行りとしては「高級志向」でしょうか?

1000円オーバーのハンバーガーを提供するにはそれなりの覚悟が必要ですが、
チャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね(^^)
(というか一瞬してたし、いまひとつだったけど、、、(;´∀`))

日本のハンバーガー業界は低価格帯に偏りすぎているので、
ミドルクラス(単品500円~)やアッパークラス(単品1000円~)が増えると選択肢が広がって嬉しいです

と、なんだかマクドナルドへのダメ出しばかりになってしまいましたが、
もちろん応援しています!

マクドナルドはこのまま落ちていくだけなのか?
劇的な復活を遂げるのか?
今後も目が離せませんね!

来年の株主総会では新しい展望が聞けるといいなぁ

訪問日:2015/11/06