2013年7月5日金曜日

マクドナルド QUARTER POUNDER ジュエリー試食会

日本マクドナルドさん主催の新商品試食会に参加しました。(*´∀`*)
今回は今までにないハンバーガーが発表されるということで、期待大ですね!

その名も「QUARTER POUNDER ジュエリー」
宝石の様に価値のある、個性的なバーガーを目指したとのこと
なんと単品価格1000円!マクドナルド初の4桁!
しかも各バーガーは1日限定なんですって!
※ちなみに株主優待券は使えません

こんなパッケージでご提供


「QUARTER POUNDER GOLD RING(ゴールドリング)」 7/6(土)発売
 パイナップルをゴールドリングに見立てた一品。分厚いベーコンが2枚も!
少しBBQソースの味付けが濃いかな?
3つの中では一番ボリュームがあって849kcal

「QUARTER POUNDER BLACK DIAMOND(ブラックダイアモンド)」 7/13(土)発売
ブリオッシュ生地の甘めのバンズは好きかも(^^)
一番バランスが取れていた様に感じました。
体にも優しい(?)625kcal 

「QUARTER POUNDER RUBY SPARK(ルビースパーク)」 7/20(土)発売
 圧巻のチョリソー5枚!ソフトフランス風のバンズはもう少し焼きを入れて
サックリ仕上げるといいじゃんないかな?
チョリソーが辛めなのでビールが飲みたくなります(^_^;)
こいつもなかなかボリューミー824kcal

さて、ということで総括

■マクドナルドの高級路線について
 この方向性は評価したい。
 実際マクドナルドでセットを注文すると500円~700円とそれ程安くはない。
 しかし、マクドナルドの印象というと 「安い」 ではないだろうか?

 それは今まで低価格路線で来たのでそのイメージが定着してしまっていることが要因だと思う。
 そして客がそれに慣れてしまっているので、少しでも高い商品を出すと必ず叩かれてしまう。
 こればかりは長い時間を掛けて、少しずつイメージを変えていくしかない。
 その第一弾ということだと感じた。
 (実際にはBigAmericaシリーズ辺りから徐々に価格帯が上がっているが。。。)

 今はどちらかと言うと 「ある程度騒いでも許されるカフェ(食事もできるよ)」 なイメージだが、
 マクドナルドに 「食事をしに行く」 というイメージが共有されるためにもこの路線は重要だと思う。

■ジュエリーシリーズについて
 単品価格1000円というと、いわゆるリッチバーガーと言われるカテゴリーに入ってくる。
 それをチェーンで展開している所と言うと、クアアイナ、ビレッジバンガードダイナー。
 そして、数ある個人店。
 それらと真正面から勝負するとどうかと言うと、正直厳しい。
 (美味しいことは美味しい、ただコストパフォーマンス的にどうか?という話)

 ●第一、見た目の高級感。
 恐らく今回はメインの食材を目立たせるため、あえて外したと思われるトマト、レタス等の野菜。
 そのせいで彩りや、積んだ時の高さがない。これがぱっと見寂しい。

 ●第二、味付け。
 基本的に濃い目。それは良いのだが、ソースの味強すぎる様に感じた。
 せっかく高級食材を使っているのだから、全体の味のバランスが感じられる方が良いと思う。
 野菜を外した構成のため、ここでもやはりジャンク感が出てしまっているのが残念。
 
 ●第三、オペレーション。
 今回は試食会ということもあって専門のクルーが来店して作成されていた。
 全国販売する際には、各店舗から何名か研修に行くことになるだろう。
 そこまでのコストを掛けて、販売期間が合計3日というのは効率が悪いのではないだろうか?

 個人的な感想としては、好きな選手が階級を上げて来たのでどんな戦い方をするのかと思ったら、
 今までとそれ程変わらなくて、
 「いやこの階級はそうじゃないんだよ、もうちょっとこうすれば良いのに!」という、
 やればできる子なのに、なぜやらない(出来ない)のか!?と言ったところ。

 マクドナルド程の企業規模と商品開発力があれば、パッケージ化されたリッチバーガーも作れるはず。
 (要はクルーによるバラつきが少なく、誰が作ってもある程度のクオリティを出せる商品)

■と言ったところで
 実際のところマクドナルドの店舗数は多すぎて、全国一律で1000円台の商品は難しいだろう。
 高級になればなるほど作り手のスキルも要るし、その為のトレーニングにも時間が掛かる。
 一律で展開するにはコストが見合わないし、そもそもそれを必要とする客の絶対数が少ない。

 それ程スキルも必要とせず、しかし高級感も出せる価格帯として、
 単品価格400円~800円程度のミドルクラスでバランスの取れたメニューを展開するのが
 現実的ではないだろうか?
 競合もフレッシュネス、バーガーキングの一部のメニューといったところでそれ程居ないし。

■それでも
 それでも1000円overの価格帯で提供したいということであれば、
 別ブランドを作ってしまうはどうだろう?
 経営母体が同じでもドトールとエクセルシオールみたいな形で、
 店舗数を絞って店舗デザインやメニューを変えれば差別化できるのではないだろうか。
 全国で足並みを揃えるにはマクドナルドは大きすぎる様に思う。

訪問日:2013/07/02