2012年5月14日月曜日

Wendy's ウェンディーズ(表参道)

好きなハンバーガーチェーンはヴィレッジバンガードダイナーです。
でも大抵話が通じないので昔のウェンディーズということにしています。

2009年12月10日に国内全71店を閉店したウェンディーズ
理由は親会社のゼンショー(すき家等)とアービーズグループとの
フランチャイジー契約終了によるものです。

ウェンディーズの売上自体は黒字だったけど、
ゼンショー自身が牛丼へ資本集中するための判断だった模様。

何の為にゼンショー株式買ったと思ってるんだ!
ウェンディーズ無くなったら意味無いじゃん!!
と思ったことは秘密ですw

なんだかんだあって、2011年12月27日に復帰1号店を青山に出店

旧ウェンディーズはファストフードクラスでしたが、
新ウェンディーズは価格帯を少しあげてミドルクラスに
800円を超えるバーガーもいくつかラインナップされています。

一階部分はレジとカウンター席が10席、地下に68席です。
地下は明るめでナチュラルとシックで落ち着いた2種類のデザインが
真ん中ですっぱり分かれています。
価格帯を上げてこの辺にも予算を使えるようになったみたいです。

しっかりと肉の味を感じるパティはやはり美味しいです。
ファストフードでは一歩抜きでていた感のあるパティでしたが、
このクラスでは妥当と感じますね。
(むしろ昔がオーバースペックだったような。。。)

課題としてはこの路線でチェーン展開が出来るのかといったところ
表参道という場所柄この価格帯でもやっていけると思いますが、
他の地域ではなかなか難しいのではないでしょうか?


【個人的なハンバーガーカテゴリー分類】

1.ファストフードクラス(単品価格:~400円)

日本でハンバーガーと言えばこのクラス
激戦区ですね。個人店の入る余地はあまり有りません。
自分はほぼマクドナルドしか食べたことがないので、
各社の比較は苦手です。
(マクドナルド、ロッテリア、モス、旧ウェンディーズ)

2.ミドルクラス (単品価格:400円~800円)

少し高級路線のハンバーガー
常設で営業されている所はあまり多くはない印象。
たまに遊園地やイベント系でこの価格帯なのに
クオリティが低くイラッとすることがあるクラスです。
価格なりのものを出していれば1より断然美味しいです。  
(フレッシュネス、バーガーキング、新ウェンディーズ)

3.アッパークラス (単品価格:800円~)

このブログで書いているようなお店です。
リピーターをいかに掴むかがお店運営のカギですね。
個人店でハンバーガー屋と言えばこのカテゴリー
(クアアイナ、ヴィレッジバンガードダイナー、
ウルフギャングパック、佐世保バーガー)

訪問日:2012/05/13